紫外線は大敵|フィギュアの正しい処分法|まとめ売りで効率的に
男の人

フィギュアの正しい処分法|まとめ売りで効率的に

紫外線は大敵

紙袋と電卓

フィギュアをまとめ売りする時に注意すべきなのは、フィギュアの状態です。一つ一つ購入した時の箱にきちんと収め、まとめ売りをしましょう。その時、フィギュアを一つ一つきちんと確認し、ホコリがついている場合はきちんとホコリを取り払いましょう。なお、まとめ売りする時に多くの人が見落としてしまいがちなのが、フィギュアの状態です。フィギュアは毎日の管理が重要であり、毎日の管理が疎かになっているとまとめ売りをしても二束三文になってしまいます。
そんなフィギュアの取り扱いにおいて重要なのが、直射日光に当てないというものです。日光には紫外線があり、紫外線の影響で塗装は色落ちしてしまいます。よく陽の光が当たっている場所に放置しておいた本が薄っすらと白くなっているのをみたことがある人は多いかもしれません。あれは日光に含まれる紫外線が原因です。これはフィギュアだけではなく、美術品でも本でも同様です。絶対に日光に当てないようにしましょう。
部屋の明かりは大丈夫なのかというと現在の灯りなら大丈夫です。現在主流であるLED証明は紫外線を含まないからです。そのため、照射しても問題はありませんが、それでも光に当て続けるのに抵抗がある場合は、フィギュアの陳列ケースの周りにタオルを置き、光を遮断しておきましょう。また、LED全てに紫外線が含まれていないというわけではないので注意しましょう。具体的には、赤、緑、青色の証明には含まれているので演出で照らす場合にはできるだけ注意しましょう。